あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯を起こす菌が歯を溶かして冒すテンポに、歯を再び石灰化する作用(溶けた歯を元の状態に戻す性質)のペースが負けてくると罹ることになります
上顎と下顎のかみ合わせの異変は、口の開閉に不便を感じる顎関節症の主因のひとつではあるとされていますが、まだ他に違う病因が存在すると認められるようになったようです。
セラミックの治療といわれているものにも、いろいろな材料や種類があるため、歯科医師とじっくり相談して、自分に最適な治療の仕方を選択しましょう。
人の歯の表面を覆う生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の箇所から、口腔環境の指針である酸度が低くなりペーハー(PH)の値が5.5から5.7より小さい値になると、歯を形作るカルシウムやリンが溶解してなくなってしまいます。
歯に付く歯垢について、あなたはどの程度把握していますか?テレビやCM等で頻繁に聞く言葉ですので、初めて聞いた言葉、そんなことはまずないかと感じています。
自分の口の臭いについて一緒に暮らす家族にもきくことができない人は、実際は多いことでしょう。そう言う人は、口臭の外来へ行って専門の処置を体験する事をおすすめいたします。
むし歯や歯周病が痛み出してから歯医者さんに駆け込む方が、大半を占めますが、病気予防の処置をしにいつも通っている歯科に定期的に通うのが実を言うと望ましい事でしょう。
最近になってホワイトニングを受ける方が上昇していますが、そうした際に用いる薬剤が原因で、歯が凍みる感じのする知覚過敏という病変を誘発する可能性が考えられます。
ムシ歯が主因の知覚過敏は、ムシ歯は相当病状が進行していると察せられ、歯牙の痛みも連続してしまいますが、違う場合は、その場限りの痛さで収まることが予想されます。
まず口内に矯正装置を入れて、歯に一定の圧力を継続してかけ続ける事で人工的に正しい位置に動かし、問題を抱えた歯並びや噛み合わせなどを治す技法が歯列矯正といわれる処置になります。
とある研究結果によると、顎関節の違和感などの自覚症状がなかった人でも、3割〜4割の人が口を開く時点で、このような奇怪な音がすることを感じていたそうです。
これは顎を使うと、顎関節にカクカクと異音が起こるもので、顎関節症の症状では格段に多く見られており、中でも第一段階で多く確認されている顎関節症の症状です。
口を開閉する事による筋肉の緊張を少なくし、異常を起こしてしまった顎関節の奥を正常化させるトレーニングをしたり、顎関節の運動を自然にする医学的なトレーニングを行いましょう。
歯表面にプラークが集まり、その部分に唾液に含有されているカルシウムを始めとしたミネラルが一緒に蓄積して歯石ができますが、それらの責任は歯垢なのです。
嫌なことに歯肉炎ができると、毎日の歯みがきの時、リンゴ等を齧った時、歯茎から血が出てきたり、歯茎がなんだか痛痒いといった不調が起こります。